Here I Am

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ROAD TRIPPIN

さてさて、
アイオワ→インディアナ
インディアナ→ケンタッキー
ケンタッキー→シカゴ
シカゴ→ペンシルバニア
と長距離ドライブの旅をし、多くの出逢いと再会をしてきました。

インディアナポリスにて
韓国焼き肉を御馳走になりました。焼き肉らしい焼き肉は実に2年ぶり。感激です。
c0019000_18574672.jpg
ケンタッキーにあるMammoth Cave
だだっ広い洞窟に、冷たく重い空気が流れていました。僕はこの時とある理由で粗悪シナモンロールに殺られてて、洞窟内でひたすら吐き気と戦っていました。
c0019000_18582743.jpg
c0019000_18584674.jpg
c0019000_1859075.jpg
c0019000_18592857.jpg
シカゴでの日本人クリスチャンCentral Conference
c0019000_1933670.jpg
カンファレンス後に行く、毎年恒例のワンタン屋さんで
c0019000_1943198.jpg
シカゴ観光〜罰金ガム噴水〜 あいにくの曇りで、時々T氏の逆襲に遭いました。
c0019000_1952495.jpg
そしてシカゴから約10時間のドライブを経て、ようやくペンシルバニアに夜中に到着。疲れました。
c0019000_1965592.jpg


もう今回の旅の折り返しとなりました。
今朝はこれからNYへと向かいます。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-05-31 05:31 | タカ派

ロートリ '06

報告になりますが、わたくし現在ロードトリップに出ております。
今日はアイオワからケンタッキーまで車でやって参りました。計10時間近くのドライブ。
天気も小雨さめさめに恵まれて、友人の車で初100マイル(160km/h)の速度にチャレンジさせていただきました。車様、お疲れさまです。よく頑張ってくれました。
明日は朝からMammoth Caveという近くの国立公園にある洞窟へ行ってきます。近いといっても往復6時間、そこら辺の感覚がまさにアメリカ。とにかくそんな想いを込めて、窟内でしっかりシャウトしてきます。
明後日からはシカゴに戻り、日本人クリスチャンのカンファレンスに2泊3日で参加します。
その後は、ペンシルバニアの親友を尋ね、できればヌージャーズィー、ヌーヨォク等も嗜んできたいと望んでおります。東海岸地域にお住まいの皆様、是非ご一報を。出来る限りお伺いいたします。

アイオワを去るので、「今できる事を」と思い、若いうちにこうして楽しめる事は本当に感謝ですし、恵みでございます。写真を撮ったらまた更新するのでお楽しみに。

日本帰国は6月中旬になると思います。
日本でも激しく動き回る事を願っています。誰か一緒に富士山登りましょう。
皆様、宜しく御頼申しあげます。

それでは今日はこの辺で。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-05-26 05:26 | ハト派

どぁ ゔぃんち こぉど

観てきました。
フィクションにしては、最悪。
サスペンスにしては、ツマラン。
あ〜あ、良い俳優をたくさん使っちゃって。
なんだか、
悲しくて虚しくて泣けて来る映画でした。

人っておもしろいですね、そして乏しいですね。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-05-22 12:18 | タカ派

in 3 tears

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカに留学している人間にとって、この頃は別れのシーズンで、
今日はアイオワでお世話になったCubbyさんとの別れ。
いつも素直な先輩であり、時に反面教師であり、友達であり、ご近所さんであり、僕のアイオワでの生活をいつも楽しく支えてくれた人。アイオワの日本人リーダーとして引っ張ってきてくれた人。空港で笑顔で手を振りながらゲートに消えて行った。と思ったらフェイントして壁からまた顔を出したり。相変わらずひょうきんだなぁと思いながら、僕は別れに心の中で涙しました。
Cubbyさん、日本での新しい生活、頑張ってください。僕も頑張りますから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今後の進路の具体的な話として、親にメールを書いている時に、自然と涙が出て来て止まらなくなりました。別に悲しい理由ではなく、その時に書いていた内容が僕の心を神の愛に触れさせてしまって、自分の弱さの中で正直な己を受け入れる事ができまして。
「弱い時に強い。」・・・一見矛盾するようで、今の僕にとってこれ以上ない聖書からの励ましの言葉を思い出したのです。
という事で、進路がはっきりしたらまたブログります。どうかお祈りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのメールを書いている間に、鍋でお湯を沸かしている事をすっかり忘れていました。
気付いた時には水分が全て蒸発し、カンカンになった鍋の内側は焼けただれたテフロン。
アイオワに来て以来、「料理人」の僕を2年半も支えて来た鍋くん。君無しではヘルスィーな食生活は決して出来なかったのです。
涙と共に、今日、ここにお別れです。さようなら、そしてありがとう、お疲れさま。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by kirk_gleam | 2006-05-19 05:19 | ハト派

iowa field trip

五月の半ばだというのに、寒くなってきたアイオワ。「もうそろそろ雪が降るね...」と思わせてしまう、これぞアイオワの魅力、ウエルカムtoアイオワ。気温4°、風と小雨が吹き荒れる生憎の天気の中、アイオワ日帰り小旅行へ行って参りました。

先ずはField of the Dreams。期待とは裏腹に、第一印象は「ショボ!!」でした。
c0019000_2175753.jpg
本当なら奥の方に背の高いコーン畑が広がり、映画では往年の名選手が畑の中から現れるのですが、コーンの季節を間違え、悪天候でも丸刈りコーン畑は見晴らし抜群。
c0019000_2181353.jpg
ケビンコスナーさんが座ったベンチと暮らした家が右側に写っています。
c0019000_2182492.jpg
映画の中で「if you build it, they'll come」という言葉があるのですが、その言葉通りに世界中からの訪問者が絶えないそうです。そういう僕らもまんまと訪れてしまいました。何の変哲も無い小さな小さなショボ球場ではありますが、何か不思議な魅力があるようです。次はあなたがまんまと行ってしまう番です。夏の終わりに行ったらきっと最高でしょう。

次にDubuque。昔に栄えた商人の街で、ミシシッピに浮かぶカジノ船はご年配の方々の溜まり場となっておりました。写真は世界一短く、高配のきついケーブルカー。
c0019000_2183825.jpg

そして最後に訪れた街、Galena。Dubuqueからミシシッピを渡りイリノイ州に入って一時間程車を走らせた所にあるのですが、どこかヨーロッパの田舎を彷彿させる、60年代の建物がひっそりと佇んでいる、こじんまりした街。丘や野畑に囲まれ、小さなアート工房などがある素敵な街です。ダウンタウンもオシャレシャレ。夜になったら街全体がキャンドルの光で照らされているようでした。言葉と写真ではこの街の魅力を全く表現できてませんが、僕にとってはちょっと秘密にしておきたい秘境と呼べる程、素敵な街なんです。
c0019000_2185641.jpg
c0019000_219832.jpg
c0019000_2191940.jpg
c0019000_2193296.jpg
c0019000_219453.jpg
c0019000_2195716.jpg
c0019000_22011100.jpg
最後に、僕のワガママにお付き合いしてくださったクルーの皆様、ありがとうございました。アメリカのローカルな街の旅は、冒険心があり、小さな発見や新しい魅力がたくさんあるのです。ローカルだからこそ味わえるその街の文化や風土、そしてそこで暮らす人々の笑顔に接する事ができます。学期が終わって、とても良い休養となりました。
また時間がある時に、いろいろ行きたいなと思います。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-05-16 05:16 | タカ派

further

またまたご無沙汰してすみません。
本日を持ちまして、やっとこさファイナルズも終わり、晴れて自由の身となりました。
一足お先に初夏休みを満喫したいと思います...
...とは言うものの、長かったアイオワでの学生活にピリオドを打った日となったわけで、少しだけ、いや、かなり寂しい気もします。

今後の予定ですが、6月中旬に一時帰国しようと思います。
今日、信号待ちで前の車の窓からワンちゃんが顔を出し、その犬がモップのようなフワフワ具合といい、愛くるしい舌の出し方といい、うちのウンコロにそっくりだったのです。そして感じたのは、アイミスウンコロ。。そんなわけで帰ろうと思いました。
そして願わくば8月からミシシッピへ。

ここを去るまで一ヶ月間ありますが、事後処理や編入手続きで忙しくなりそうです。
その他、今月末にはシカゴであるクリスチャンカンファレンスに参加する予定です。
でも取りあえずこの一週間は休養でございます。

12日は、映画「Field of the Dreams」のロケ地へ行ってみようと思います。
そこから一時間弱、以前から行きたかったDubuqueというミシシッピ川沿いにある昔ながらの街もついでに。映画のロケで何回か使われたらしく、どこかボストンに似た感じで、こじんまりした、綺麗な街みたいです。世界一短いケーブルカーもあるそうで。そして更に時間があれば、隣のイリノイ州に入り、ガリーナという60年代の街並が残るという場所へ。カメラ片手にぶらり旅気分、去る前にこのミッドウエストをたっぷりと堪能して参ります。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-05-10 05:10 | タカ派

move on

ご無沙汰してました。
ご存知の方も何人かいますが、先週末からちこっとミスィスィッピへ学校見学に行ってきて、貴重な時を過ごして参りました。現地では学校の皆さんや日本人の方々に大変歓迎され、僕にとって久々の交わり溢れる時となりました。「熱い」を覚悟で行ったのに、僕が行った時だけ異常気象?で寒さに耐える日々となりました。が、その中でアイオワに負けんばかりの暖かい人々と、雰囲気にとても健やかな気分にさせられました。
今後についての決心はつきました。詳しくはまた後ほど。
真人、ホストとお祈りありがとう。今度はもちょっと格好良くデザインしますのでw。
c0019000_14314993.jpg
c0019000_1432948.jpg


それはそうと、今日の5月4日、6月にアイオワを去る僕にとっての最期の24/7になりましたが、皆の洗礼式と証と一緒に特別賛美をさせて頂きました。2年半の間、この街で独りでいた日本人クリスチャンとして、そして多くの良き友に出逢い、いつも励ましになった24/7を与えてくれた神への感謝の思いと祈りを込めて、主へ賛美しました。歌は相変わらず下手っぴだったですけど、良いのですw。
最期に24/7に来てくれた日本人の皆様、感謝です。
c0019000_14322363.jpg



とブログを書き終えた今、何か外から銃声みたいなのが頻繁に聞こえてきてます。
セイセイセイ、『超平和』が代名詞のアイオワでそんな事が起こってはいけません。
 その音が花火か何かでありますよーに。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-05-04 05:04 | ハト派