Here I Am

カテゴリ:ハト派( 161 )


The Six People

1月6〜8日にかけて、家族で軽井沢へ行ってきました。やれ僕が留学、やれ兄が仕事、やれ妹が下宿と、この先家族全員が揃う事はあまり無いだろうという事で、前々からそれぞれの予定を調整し、今回、ようやく家族水入らずの旅行という形になりました。が、信州地方に前日から大雪が降り、軽井沢も辺り一面、雪、雪、雪。アイオワにいた頃は雪道は滑って楽しんでましたが、日本の道で滑ったらそれこそ命取り。車のタイヤがノーマルだったもんで、慌てて慣れない手つきでチェーンを装着し、何とか目的地に辿り着いたって感じでしたね。家族雪入らず...。

冬の軽井沢、とても良い所でした。避暑地で有名な分、冬は観光客が少ないので昼夜凄く静かであります。静かな分、これまたいいんですね。外に出て、耳を澄ませば大自然の中から冬の鼓動が聞こえてきたり。そんな自然も眠りにつく夜中は「無音」という環境に立合えます。完全に音がしないんですね。自らの白い息と共に、心臓の音までが聞こえてきそうな、何とも不思議な気持ちになりました。まぁ、そんな所に喧しい一家がやって来てしまい、家族旅行なのに期間中、分刻みのプログラムが作られており、正直あまり休む事が出来ず非常に疲れましたw。でも、兄弟の幼少時代のアルバムとか整理したり、久々に家族6人が揃って笑った事が良かったかな。僕が忘れかけてた家族の暖かさを何年ぶりかに感じた気がします。

三日目の朝には透き通った青い空が広がり、ちょっとの間一人で散歩をしました。
c0019000_19414432.jpg
澄み切った大気の中、深呼吸、体内まで浄化されるようでした。
c0019000_1942117.jpg

写真だとショボイですが、雪を冠った浅間山、とても見事でした。
c0019000_19421584.jpg
c0019000_19423373.jpg

今回KFBCというキャンプ場でお世話になりました。
c0019000_19424967.jpg

泊まったコテージ。ドイツ風の造りで、内装もなかなか素敵です。6人修養可能で、友達とかで来ても良いですね。
コテージなので食事は自炊。でも僕が腕を振るって料理するんで、今度は皆で行ける機会があればと思います♪
c0019000_19432437.jpg

そして今回、一番嬉しかった事。2日目の夜に、かけがえのない信友5人が遥々東京からやってきてくれた事であります。一人一人が神から愛され、祝福され、特別な賜物で満ちている、お互いを心の底から尊敬しあう友です。時に結構バカで、真面目で、素直で正直であり、そして違う所に在りながらもいつも同じ主を見上げて歩んでる友。うちの家族と同様、この6人も普段はなかなか集まれない環境にいる事によって、今回こうして皆が揃って、将来のビジョンを語り合い、励まし合い、友情を確かめ合えたのが、何よりの恵みでした。一人一人が僕の誇りです。いつになるか分らないけれど、また次に皆で集まる時まで、それぞれが成長するために頑張ろうと祈り合いました。
素晴らしき友に恵まれ、幸せな時でした。
c0019000_19434126.jpg

God Bless Us All.
[PR]

by kirk_gleam | 2007-01-17 21:01 | ハト派

ワサァーッ!07

先ず、旧年暮れましてお疲れさまです。

昨年は皆々様の暖かいコメンツに励まされ、ブログを書き続ける事ができ、大変感謝しております。
2007年、来ちゃいましたね。細木のオバハンが大殺界だとかまた何か不吉な事を抜かしてるようですが、バカヤロ、今年は2000年代初のラッキーセブンですよ、そんな事起るはずがありません。むしろラッキー旋風で細木オババ諸共吹き飛ばして欲しい限りですね。

さてさて、このブログでは12月の中旬頃からご無沙汰しておりました。いつも年末年始は何かと忙しいもので、昨年の年明けはシカゴにいましたが、今年は年末から奥多摩のキャンプ場へワーカーをしに行っておりました。というわけでしばらくの間ネットとは無縁の状態で労働に精を出していたというわけなのです。
クリスマスカード、年賀状、電話、メール等をくれた方々、ありがとうございました!すぐに返事ができずにすみません、これから少しずつ返して行くので待っててください!

という事で、報告も兼ねてアップアップします。

まず12月22日にアイオワの仲間で集まりました。日本にいる仲間だけではなく、アイオワからも3人程東京に訪れていたので、半年ぶりの再会となりました。アイオワと言っても、見た感じ全員アジア人なので、違和感ありますがw。アイオワに居る台湾人と韓国人の友達たちなのです。アイオワの皆にとってはとても懐かしい顔ぶれなのです。今度はもっと大勢で集まりたいですね。
c0019000_1552733.jpg


さて、年末年始は前後合わせて10日間近くを奥多摩のキャンプ場で過ごしました。2年半ぶりの奥多摩でのワーカー奉仕、仕事に対する勘が少し鈍っておりましたが、それでも周りのワーカーに比べたら玄人な僕、寒い中、皆と一緒に頑張りました。
また僕の格闘技の原点である、高校時代、hi-b.a.キャンプ中に九十九里浜でやったプロレス、その時の相手が今回キャンパーとして来ていたので、当然、再戦の時となりました。あの当時は何も知らなかった僕、確か彼とは実力ともに互角だったと思います。しかし今回は10戦中10勝、僕の完勝でした。人って強くなるもんですね。
日夜の労働で疲れていましたが、これで気合いが入りました。
c0019000_15542925.jpg
お疲れ、たけしくん。出直してきて、再びかかってらっしゃい♪
c0019000_15544468.jpg


ワーカーは、掃除、修理、調理からウェイターまで、キャンプ場周りの事ならなんでもします。中でも新年にあるキャンプは全てのお客様がVIP待遇なので、ちょっとリッチな立食パーティーがあり、僕らワーカーもちょっと良い格好をしてお持て成しをするのですね。今回の僕のコンセプトはバーテンダーのマスターだったので、蝶ネクタイで決めてみました。自分でもすっかりその気になっていたので、お客様の受けも良かったですw。調子に乗って今年は何でも着こなしたいと思いますw。願わくば、来年もまたワーカーでご奉仕したいと思うので、皆様も新年は是非家族で奥多摩へいらしてください。
c0019000_1555840.jpg


そしてワーカー期間中、最高の贅沢を見つけました。
それが『入浴カップラーメン』、風呂の蛇口でお湯を注ぎ、湯船に浸かりながらカップラーメンを食べるというだけなんですが、予め小腹を空かして置き、あえて微温湯で熱いラーメンを啜るという、これが今まで食べたカップラーメンの中で最高で、涙がでるほど旨かったのです。騙されたと思って、皆様も今度お試し在れ。
ただ、奥多摩を知る人以外はこれがどんな行為か、お解りにはなられないと思います。とにかく前代未聞の行為で、いくら僕が奥多摩の異端児とは言え、キャンプ場の親方に見つかったら、もう僕は奥多摩には戻れないでしょう。だからここを見てる奥多摩関係の方はチクリ禁止でよろしくお願いしますw。
それにしても風呂の蛇口から湯を注ぐのは危険を伴いました、水量が激しい為、油断すると具が一気に湯船にこぼれ散るのですw。まだ未熟だった僕は卵を、隣のはシーフードヌードルの中で大事なタコとネギを失ったのであります。
c0019000_15552977.jpg


とにかく、そんなこんなで恵みに満ちあふれ、楽しく元気な06年の締めと07年の幕開けを飾りました。

そんなわけで、皆々様、今年一年また元気に宜しくお願いします!
[PR]

by kirk_gleam | 2007-01-05 19:55 | ハト派

祈りの行く手

c0019000_2219081.jpg
必死になって何かを祈る
こうあってほしいと
祈らずにはいられない
そんなときがある

その祈りはいったいどこへ

祈られた直後
その祈りはぐんぐん遠くへ
そして障害となるものを壊して
遥か遠くへ

祈りを受け付けてくれる場所へ

でもその場所は
自分の外ではなくて
自分の中にある

だから人は祈るとき
空なんか見ずに
一生懸命になって
目を閉じているのかも

目を閉じたとき
まぶたに写るのは
その心だろうから
[PR]

by kirk_gleam | 2006-12-15 22:03 | ハト派

for the day He was born

僕が行ってる教会の庭に一本だけある木が、クリスマスツリーとして一年に一回の晴れ姿を見せてくれました。2週間前、足場を組み、あるだけのライトを付け、僕の個人的な趣味でてっぺんには星の代わりにクマのぬいぐるみを飾ってたのですが、昨日になってようやく星を付けました。
c0019000_1841218.jpg
「人々が星によって教会に導かれれば」との願いで、なるべく大きく輝く星を色々なお店で探してたようで、夜になって点灯した時はみな満足げ。イエスキリスト誕生の日に、この星が一層輝く事を願い、完成したツリーを見上げながら祈りました。
c0019000_18404879.jpg

ここの教会はとにかく皆の手で色々なものを作り上げて行きます。業者に頼むのではなく、自分たちの教会を自分たちの手で、神様の為に良くして行こうという思いからです。綺麗な格好だけをして教会に行くのではなく、礼拝の後は汗をかき、土埃をかぶり、泥でズボンを汚す、日が暮れてからはかじかんだ手を温めながら片付けをする、そういったガテン系作業をする事で、大工であったイエスキリストの姿を誇りに思う事ができます。
足場を組んだのもそうですが、教会の建物も多くの部分は手作りですし、この日曜日は駐車場の砂利入れを男性陣で行ないました。一人当たり1tの砂利を500坪ほどあるだろう敷地に敷き詰め、こういった仕事はお手の物と、僕も作業服に身を包み率先して頑張りました。

凄く疲れましたが、肉体労働の後は皆でビール、、、いや、皆で食べに行ったラーメンが非常に美味かったです。最高の恵みですね。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-12-11 19:56 | ハト派

風向き

風は自然のガイド。

春は壮大で 夏は情熱的で 秋は鮮明で 冬は探求的。

良い風を見つけたら、

風向きに合わせて足を進めれば、

きっと、そこには絶景が広がっている。
c0019000_142789.jpg

ただし、帰りは向かい風との戦いだけれど。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-12-01 01:08 | ハト派

a weekend

週末ですね、お疲れさまです。
明日は教会の友達2人と礼拝で特賛をします。
実は僕のこの一週間、頭痛と共に目覚めるような毎朝で、非常にダルい日々が続きました。原因不明の頭痛。寝ても覚めても、治る気配が一向にないのです。
しかしそんな中、ラーメンを食べつつ、特賛の本番へ向け日々練習に励んで参りました。おかげさまで今日、最後の仕上げをし、出来も上々♪英語の曲を2曲歌わせて頂くのですが、本番は2曲とも首に青筋たてる程、熱唱し頑張ります。
c0019000_21583689.jpg
c0019000_2158489.jpg
ちなみにグループ名は即席バンドとラーメンの未熟さに因んで「カップラーメンファイターズ」。ありえない!!本当は、新バンド解禁に合わせて「ゔぉじょれえぬ・ゔぉお」の方が良いと言ったのですが、時既に遅し、却下されました。いずれにせよ明日の週報に本当にそう載るのか、見物です。ラーメンとプロレスを語らせたら右に出る者はいない牧師、そしてラーメンフリーク教会員達で構成されてる教会だからこそ為せる業なのです。強烈な個性が集まり、そしてその一人一人が家族のような、素敵な教会ですw。明日はその一員として頑張ってきます。

※歌う2曲はいたって真面目です。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-11-25 22:18 | ハト派

heart's been waiting

c0019000_1381779.jpgこころはだれにもみえません
レントゲンでもうつりません
でも僕にも 君にも
たしかに心がひとつあり
僕の心はなぜか
君にあうと
よろこびます

だから
僕の心は
いつか
きっとどこかで
君にあえると
待っています
[PR]

by kirk_gleam | 2006-11-17 01:38 | ハト派

あわわ...、ありがとうございます。。

c0019000_1932337.jpg

いつも通り仕事をし、いつも通りの変わらない日ですが、誕生日なんですね。
最近は色々と忙しくて、僕自身それどころじゃないですし、家族もすっかりこの日を忘れてるようですがw。
でも素敵な皆様、朝からメールやメッセージをありがとうございます。知っててくれた事に大感激。特にアメリカにいる人は、時差を考慮して日本時間の7日になった時にメッセージを送ってきてくれたり。愛があります。最近、携帯によく来る迷惑メールも今日に限っていつもの3倍の勢いで来ます。何故だコラ誰だコラと非常に大憤慨。迷惑メール送信者には全く愛がありませんw。
いやしかし、カイカズユキ、やっと23歳、でもまだまだハナタレです。不肖ながら22年間、神様が共に居て、皆が居たから生きてこれた事を痛感し、感謝し、これからは期待に応えられるように頑張りたいと思います。
こんな僕ですが、ぜひ一つ宜しくお願いします。

ちなみに上の写真は一年前のアイオワでのものです。その節は本当にありがとうございました。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-11-07 19:24 | ハト派

親切なアメリカのおばあちゃん

ふと思いだしました。

c0019000_0591248.jpg
右も左もわからなかったボクの
乗り換えバスが来るまで
一緒に『ダウンタウン』のバスストップで待ってくれた、
ボクがバスに乗るのを見てから
とぼとぼと 帰って行った、

名前も知らないけれど 親切なおばあちゃん。
"グッバイ"と言って笑った顔 今でもおぼえています。
元気にしてるかなぁ。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-10-27 01:05 | ハト派

柔(四角い筋肉を丸くする)

最近、運動を始めました。
アイオワ時代のDa Manこと我がボクシングコーチであったTさんのお言葉「仕事の疲れで寝るのは嫌、だから仕事後こそトレーニング」がどうしても頭から離れず、僕もカッコイイDa Manの後を追う事にしたわけです。
と、いうのは建前で、最近、体重と比例し体脂肪率も増してる事に気付き、危険と感じたからなのです。

しかし久し振りの全身を使った運動、イザって言う時の微妙なタイミングでどうしても体が力んでしまい、太ももから脹ら脛にかけて吊りそうになるんですね。運動不足の証拠であります。
また下手に固い筋力をつけると、動きも固くなりどうしても体が不器用になってしまう気がします。それが今の僕ですね。
オールラウンドに対応できる身体を造る為に、風に揺れる柳の枝のように、いつも力を抜いて、しなやかにならねばなりません。

生活の中でもそうですね。突然何かの問題に対峙した時、焦ったり、もしくは感情的になって、バランス感のない全力で対応をしてしまうと、どうしても解決策が見えにくくなるばかりか、否定的な方向へ物事が進んでしまうような事もあると思います。
まずはひと呼吸置いて、リラックスですね。しなやかに、そして、心を穏やかに。
しかし均衡を保つ軸となる己の気持ちは静かに強く。

そんな人になるために、
長い目で修行を積んで行こうと思います。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-10-25 23:23 | ハト派