Here I Am

fo da year

c0019000_0201657.jpg


本日、ヴィザが届きました!!
米国大使館での申請・面接から、僕史上最短の2日!!
ありえない速さでした。

しかしながら、再渡米の望みを持ったのが昨年帰国したばかりの時。今目の前にあるヴィザを、現実的には一年も待った事になるんですね。

諸々の理由で、結局2回のチャンスを失い、ヴィザも手にする事ができませんでした。それに合わせ不甲斐無き自分自身に2回、大きく落胆しました。

弱冠23歳、早く社会に貢献しなければいけないお年頃真っ盛り。一分一秒でも貴重な時間であります。
正直、焦りと不安が付きまとう中、次々に新たな道が開かれては閉ざされ、僕の頭の中は更に混乱しておりました。
自分自身の不信仰さが明らかにされ、40年間荒野を彷徨ったイスラエルの民のような気持ちになりました。


しかし、今この長かった一年間を振り返ってみると、
本当に色々な事がありました。
出逢いや別れ、家族や友人との深い交わり、
そして何より、弱い自分と真剣に向き合う時間がありました。

そういった中で多くの大切な事を学びました。
社会的な立場としては、何ら変わっていなくとも、
人間的には大きく成長したように思えます。

この一年が意味してるもの、それを考えた時
費やした時間が決して無駄ではなく、
必要な一年であったと、今初めて、そう感じる事ができました。
この一年で見つけた答え、
それは「going back to my basic」でした。
僕の基本。根底から僕を支え、動かしてるものは何であるのかと。過去を振り返るのではなく、未来を見据えるからこそ、僕自身の原点に戻る事が必要だと解りました。
強く歩みたいと思います。

ヴィザや僕の進路の事で心配しお祈りをしてくださった方々、
本当にありがとうございました。m(__)m

不肖、甲斐和幸
ここから再出発です。
めでたしめでたし。
完。


と言いながら、写真は貴重な過去のものですw。
[PR]

by kirk_gleam | 2007-04-20 22:18 | ハト派
<< 義侠心 Matt Redman, >>