Here I Am

for the day He was born

僕が行ってる教会の庭に一本だけある木が、クリスマスツリーとして一年に一回の晴れ姿を見せてくれました。2週間前、足場を組み、あるだけのライトを付け、僕の個人的な趣味でてっぺんには星の代わりにクマのぬいぐるみを飾ってたのですが、昨日になってようやく星を付けました。
c0019000_1841218.jpg
「人々が星によって教会に導かれれば」との願いで、なるべく大きく輝く星を色々なお店で探してたようで、夜になって点灯した時はみな満足げ。イエスキリスト誕生の日に、この星が一層輝く事を願い、完成したツリーを見上げながら祈りました。
c0019000_18404879.jpg

ここの教会はとにかく皆の手で色々なものを作り上げて行きます。業者に頼むのではなく、自分たちの教会を自分たちの手で、神様の為に良くして行こうという思いからです。綺麗な格好だけをして教会に行くのではなく、礼拝の後は汗をかき、土埃をかぶり、泥でズボンを汚す、日が暮れてからはかじかんだ手を温めながら片付けをする、そういったガテン系作業をする事で、大工であったイエスキリストの姿を誇りに思う事ができます。
足場を組んだのもそうですが、教会の建物も多くの部分は手作りですし、この日曜日は駐車場の砂利入れを男性陣で行ないました。一人当たり1tの砂利を500坪ほどあるだろう敷地に敷き詰め、こういった仕事はお手の物と、僕も作業服に身を包み率先して頑張りました。

凄く疲れましたが、肉体労働の後は皆でビール、、、いや、皆で食べに行ったラーメンが非常に美味かったです。最高の恵みですね。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-12-11 19:56 | ハト派
<< 豚骨食べて元気出して 勝利から敗北へ 敗北から勝利へ >>