Here I Am

autumn

c0019000_22165519.jpgを開ければどこまでも高い空に心地よい風。街を歩けば舞う木の葉。行き交う人々には長袖を着る人が増えました。日が沈めば少し肌寒く感じる事もあります。時に切なく、郷愁にかられ感傷に浸る今日この頃。いよいよ僕が一年で一番好きな季節がやってきました。


僕は、この季節には決まって「一人」を好むのです。
何をするにも「一人」がテーマ、「一人」がマイブーム。ふと、一人で山や川や美術館、また買い物や散歩、旨いラーメン探し、ジムにも行ったり、あるいは部屋にこもって作曲したり、本を読んだり、瞑想したり、眠れない夜に焼酎をキュッと飲んだりと、一人で食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋を楽しんでいます。一人での行動はもちろん、忙しい仕事のとの兼ね合いの中にありますが、だからこそ集中力が高まる貴重な時間でもあるのです。

「行動するのは良いけど一人でなんて寂しすぎる」とよく言われますが、その寂しさが僕を包み込み、僕の原点に帰らせてくれるのです。僕の性格は昔から内向的なので、そんな寂しさの中に居れる自分を感じる時、妙な安心感を得ますし、僕はそんな環境を作ってくれるこの季節が大好きです。決して孤独を愛してるわけではありませんが。

言いたい事、要はコレなんです。
結果的に、心静まって主を仰ぎ見る事が、何よりも幸せだと教わるからなんです。
僕だけの秋の在り方です。
[PR]

by kirk_gleam | 2006-09-29 22:09 | ハト派
<< 清秋の新しい朝に 高輪レジデンス >>