Here I Am

サーズデイ パワー 200

やっとこさ木曜ナイトです。嬉しいんです。
カレッジミニストリ−の24/7が今週からまた始まりましたし、
ダウンタウンにくり出せばBarとかでばぁっと賑わってますし。
木曜ナイトはとにかくいつも活気がびゃんびゃんあるんです。

木曜と言えば皆様おなじみ「週刊ゴング」の発売日ですね。
思い返せば高校生の時、朝一で買った「週刊ゴング」を、一限にて、恰幅の良い国語のおばさん・高橋やす子先生に必ず没収されてました、毎週毎週。木曜の朝、いつものように遅刻で教室にガラガラっと入るだけで「はい、週ゴン」って言われてたんです。いつもは「週ゴン」500円なのに、ときたまボッタクリ540円になって、お金無くて買えなかった日にも先生の情け容赦はありませんでした。まったく失礼しちゃいます。
いるじゃないですか、先生の標的がクラスに一人は。それです、僕。僕をいじってもツマラン事この上無しですよ、と思いましたが先生に言えず心の中に大切に閉まっておきました。そこが小心者のジェントルな僕のチャームポイントなのでした。が、
僕にとっての「週刊ゴング」の恨みは恐ろしい、そんな先生を一度ギャッフンコと言わしたろと、ある時は完璧なまでの教科書裏偽装で「護身術入門」を黙読したんです。しかし、先生の超能力か何かで何故かバレて結局、没収されました。そして「君の身は自分で護ろうよ!」というサブタイトルを盗み見され、「あんらー、かいちゃん、誰かにイヂメられてるのー!!?」とかクラス中に気持ちよく響き渡る大きな声で示唆され、「ダラシナ遅刻キャラ」が「イヂメラレ不登校キャラ」になってしまい、なんとも不名誉な事があり、大憤慨でした。思えば、せっかくの超優等生がぺーぺーになったのはその瞬間だったのでしょう。護身術は超能力の前では無力でした。

ところで、

すっかり、祝・木曜ナイトから、ポッキーとじゃがりこをシャーペンに見せかけてたお年頃の脈無し話に飛び込んでしまいましたが、

実は、

本当に木曜ナイトが嬉しいのは、金曜は授業が一時間だけなので。
スペイン語のクラスなので。
「オラー!」とか言い張ってれば良いので。本当はたぶんダメだけど。
しかし今日は宿題をフフフンと終わらしてしまったので。
年に一回くらいは「自分は優等生」と勘違いしてもいいだろと想うので。
とにかく明日授業明けから、71時間ブレイクがあるので。
何しましょっ♪って気持ちです。

そんな今回のエントリーは何と200件目になりました。
おめでとう。
ありがとう。

僕は元気です か?
[PR]

by kirk_gleam | 2006-01-19 19:19 | ハト派
<< カンカンカンカンバンサンカン 矢運飢ー烏羅那射 >>