Here I Am

Java House

時計の針は右上向きの90°

チェックだけはした日替わりランチ

カップにしては冷たいコーヒー

その横には開きっぱなしのテキスト


誰が来るわけでもないのに ぼーっと待ちぼうけ

ここはトキノナガレとユウウツを味わえる場所。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一つ残ってる課題を終わらせる為に、今日は家を出て「Java House」というカフェにやって来ました。「Java House」はスタバなんかよりもっと良いコーヒーを提供する「アイオワ人民のアイオワ人民によるアイオワ人民のための」地元自慢の人気高いカフェです。勉強できますし,ワイヤレスネットも無料ですし,Mac率も高いですし,アイオワのオシャレさん達が集まりますし。うーん、皆デキル!って感じ。僕もmy babyのPowerBookちゃんを連れて、肖ろう作戦です。
「誰も来ない」代わりに、ガラス越しにおいしそうにケーキを見つめる子供に一目惚れして、許可を頂いてパシャらせて頂きました。子供はかわいいなあ。

[a boy basking in the glow at Java House]
c0019000_20759.jpg

[PR]

by kirk_gleam | 2005-10-27 15:02 | ハト派
<< 気分は創痍 すみません2。 >>