Here I Am

今日、目に飛び込んで来たニュース

破壊王・橋本真也、脳内出血により急死。没年40歳。

どんなに大けがしても、必ずまたリングに戻ってくる、それが僕にとってのプロレスラーのイメージだった。「破壊王」と親しまれ、一度引退したものの復帰し、ファン期待のごとく、負けない「強い」レスラーとして活躍していた。その後、右肩に大けがをし、一時リングを離れリハビリを続けてたらしい。僕はもう高校生以来、プロレスに興味は無かったので、詳しくは知らなかったが、それでもいつかは彼はまたリングに戻って来て、その強い姿を観客の前に魅せてくれるのかと思っていた。きっとプロレスを知っている誰もがそう思っていたと思う。
しかし、やっぱり人間は人間。どんな人も持ちあわせた命は重いが、その儚さにも変わりはないようだ。この前のロンドンのテロ、それ以外にも交通事故や、今回のように体調悪化による急死。世の中、思いがけない、気をつける事さえできない不慮の死なんてたくさんある。
もし自分にその番が来たらと、考えてしまう。
40歳はまだ若い。再復帰を目指しリハビリ中だった橋本真也はきっと悔いを残してしょうがないと思う。誰だって悔いの残る人生は送りたくないはずだし、僕だってそれだけはごめんだ。
確率は低くとも、こうしていつ何が起こるか分からない中で生きているからこそ、覚悟を持つわけでは無いが、せめて普段の一日を満足して生きていけたらと願わずにはいられない。人それぞれ、満足いくには目標があるだろうが、僕だったら、クリスチャンとして甲斐和幸のやり方で「神の栄光を表す事」だろうか。

とにかく今日は、僕の中で「強く」存在してた人が急にいなくなって、少し寂しさを覚えた。

さらば破壊王。
c0019000_1741611.jpg

[PR]

by kirk_gleam | 2005-07-11 16:01 | ハト派
<< BIG BOY君の自己紹介 colorado grace >>